買取りのコツ

手持ちのカメラレンズを高く買い取ってもらうには一体どのような点に気をつけたら良いのでしょうか。同じカメラレンズを買い取ってもらっても、様々な要因で査定額が上下する可能性があります。ポイントを押さえて高額査定を目指しましょう。

カメラレンズまず、基本的なことになりますが、カメラレンズの保存状態はなるべく新品に近い状態を保ちましょう。傷や汚れは付かないように使い、お店に買取りに持っていく直前にはホコリなどを払い、取れる汚れは全て取っておきましょう。持ち込んだときのカメラレンズの清潔さは買取りに良い影響をもたらします。また、商品に欠品があると査定額はグッと下がってしまいます。化粧箱や取り扱い説明書、バッテリーなどの付属品は無くさないようにしましょう。

カメラの買取りの場合は、発売日から売却まで日が近い方が高く売れる傾向がありますが、カメラレンズの場合は価格が比較的安定しているので、古いカメラレンズでもそれほど値崩れしない傾向があります。古いカメラに使っていたカメラレンズでも意外な高値で売れるかもしれませんので、一度査定してもらう価値があります。

日々進歩するカメラレンズの世界。新品購入のための資金源に古いカメラレンズを売却するというのも必要となることもあるでしょう。そのために、カメラレンズは大切に綺麗な状態を保つことが大切です。

買取りの方法

カメラレンズを買取りに出す場合、気になるのはどこで買い取ってもらうかということです。様々な業者やネットオークションなど、売却先が色々あって悩んでしまうことが多いと思います。それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

ネットオークション専門店の買取りサービスは専門性、知識量の高さがキモになります。普通のリサイクルショップなどでは値段の付かないジャンク品扱いのカメラレンズでも、ある程度の価格で買い取ってもらえる場合があります。また、期間によっては買取り額に何パーセントか上乗せしてくれるキャンペーンをやっているお店もあるので、こちらも利用したいです。ネットオークションでは自分である程度の値段を決められるメリットがあります。さらに、直接購入者と売買するので買取り額が高めになる傾向があります。

しかし、ネットを使ったカメラレンズの売買は様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。買取りに関するやり取りの中で不愉快な思いをしたという人も少なくありません。発送などにかかる手間を考えると、なかなか大変な作業になる可能性があります。

専門的知識を持った店員さんに任せた納得の買取りや、自分で頑張って高額査定を目指すネットオークション。どちらもメリットがありますので、自分のスタイルにあった買取り方法を選んでみてください。

カメラレンズの処分方法

買ってはみたものの何年も触っていないカメラレンズを持っていたら、限りある自宅のスペースを無駄にすることになります。大掃除の時などに処分してみようと思っても、どのように処理するのが適切なのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

サービスまず、ゴミとして捨ててしまう方法です。平成25年4月1日にスタート小型家電リサイクル法により、自治体によってはカメラレンズをリサイクルの対象として回収する場合があります。殆どの自治体で普通のゴミとしては受け付けてくれませんので、各市町村に確認をしてみてください。また、下取りに出す方法もあります。こちらも利用してみるとよいでしょう。買取りを任せる際には直接店舗に行く方法の他に、宅配買取サービス、出張買取サービスを使う方法があります。ご自身の都合に合わせて利用してみてください。

カメラのレンズの買取りに関しては、持ち込むショップの専門性が大きく関係します。査定する人がカメラに詳しくない場合、その価値が分からず買取不可という査定になってしまうこともありえます。また、カメラ自体が壊れていたり値段が付かなくても、カメラレンズを高値で買い取ってもらえる場合があります。カメラレンズの買取りは必ず専門店に任せるようにしましょう。

カメラレンズをどうするか

カメラを趣味にしていると困ってしまうのが、いつの間にか増えていくカメラレンズの存在。最初は一台だけのつもりでも、気が付けば何台も何台も買い漁ってしまうのがカメラマンの悲しい性というものです。部屋の整理をするためにも、使わないカメラレンズはどうするべきなのでしょうか。

カメラレンズゴミとして処分する場合には必ず地方自治体のルールに従って出すようにしましょう。普通のゴミとして廃棄出来ることは殆どありません。必ず規則を守って捨てるようにしてください。また、買取りに出す場合には専門店での下取りがオススメです。専門的な知識を持ったお店でない場合、査定額が下がるばかりか値段が付かないということにもなりかねません。ネットオークションを使う手もありますが、購入者とのコミュニケーションなど大きな労力を使うことも少なくありません。自分に合った方法を利用するようにしましょう。また、高額査定を狙うためには、商品の保存状態は新品に近い状態にしておいてください。普段の使用方法はもちろんのこと、売却の前に自分で出来る限りのクリーニングをすることによって、大きく値段が変わる可能性があります。また、化粧箱や取り扱い説明書、付属品の欠品がないように十分に注意して保管しましょう。

カメラレンズはカメラマンの命とも言える大切なものです。その大切なレンズを手放すのは、どのカメラマンも抵抗があるものだと思います。カメラレンズを処分するときに、それが良い別れになるように、この記事がお役に立てたら幸いです。