カメラレンズの処分方法

買ってはみたものの何年も触っていないカメラレンズを持っていたら、限りある自宅のスペースを無駄にすることになります。大掃除の時などに処分してみようと思っても、どのように処理するのが適切なのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

サービスまず、ゴミとして捨ててしまう方法です。平成25年4月1日にスタート小型家電リサイクル法により、自治体によってはカメラレンズをリサイクルの対象として回収する場合があります。殆どの自治体で普通のゴミとしては受け付けてくれませんので、各市町村に確認をしてみてください。また、下取りに出す方法もあります。こちらも利用してみるとよいでしょう。買取りを任せる際には直接店舗に行く方法の他に、宅配買取サービス、出張買取サービスを使う方法があります。ご自身の都合に合わせて利用してみてください。

カメラのレンズの買取りに関しては、持ち込むショップの専門性が大きく関係します。査定する人がカメラに詳しくない場合、その価値が分からず買取不可という査定になってしまうこともありえます。また、カメラ自体が壊れていたり値段が付かなくても、カメラレンズを高値で買い取ってもらえる場合があります。カメラレンズの買取りは必ず専門店に任せるようにしましょう。

Top