カメラレンズをどうするか

カメラを趣味にしていると困ってしまうのが、いつの間にか増えていくカメラレンズの存在。最初は一台だけのつもりでも、気が付けば何台も何台も買い漁ってしまうのがカメラマンの悲しい性というものです。部屋の整理をするためにも、使わないカメラレンズはどうするべきなのでしょうか。

カメラレンズゴミとして処分する場合には必ず地方自治体のルールに従って出すようにしましょう。普通のゴミとして廃棄出来ることは殆どありません。必ず規則を守って捨てるようにしてください。また、買取りに出す場合には専門店での下取りがオススメです。専門的な知識を持ったお店でない場合、査定額が下がるばかりか値段が付かないということにもなりかねません。ネットオークションを使う手もありますが、購入者とのコミュニケーションなど大きな労力を使うことも少なくありません。自分に合った方法を利用するようにしましょう。また、高額査定を狙うためには、商品の保存状態は新品に近い状態にしておいてください。普段の使用方法はもちろんのこと、売却の前に自分で出来る限りのクリーニングをすることによって、大きく値段が変わる可能性があります。また、化粧箱や取り扱い説明書、付属品の欠品がないように十分に注意して保管しましょう。

カメラレンズはカメラマンの命とも言える大切なものです。その大切なレンズを手放すのは、どのカメラマンも抵抗があるものだと思います。カメラレンズを処分するときに、それが良い別れになるように、この記事がお役に立てたら幸いです。

Top